のどの性病 検査キット

のどの性病|咽頭クラミジアの症状と感染経路

クラミジアは男女問わず世界で最も多いといわれる性感染症です。クラミジアの感染経路は性行為やオーラルセックスで、男性の尿道や女性の子宮頚管に感染します。

しかし、感染経路がオーラルセックスの場合、尿道や子宮頚管のみならずのどにクラミジアが感染するのどクラミジア(咽頭クラミジア)になってしまう可能性もあります。パートナーがクラミジアに感染していることが分かっている場合は子宮感染や尿道感染の危険性とともにのどへの感染がないかどうかも検査しましょう

子宮や尿道の検査でクラミジアが感染していないことが判明しても、のどへの感染の可能性がなくなるわけではありません。のどクラミジア(咽頭クラミジア)の検査も必ず受けるようにしましょう。

のどクラミジア(咽頭クラミジア)は、のどに違和感や痛みを感じることもありますが、症状が出ないことの方が多いようです。

妊婦さんがのどクラミジア(咽頭クラミジア)に感染したまま出産すると、新生児へのキスなどで新生児にも感染する危険性があります。妊娠を考えている女性は特に、前もってクラミジア・のどクラミジア(咽頭クラミジア)の検査をしておく方がいいです。

のどの性病|検査キット

のどの性病|咽頭淋病の症状と感染経路

クラミジア感染症の次に多いと言われている性感染症が淋病です。淋病の感染経路は性行為やオーラルセックスですが、のどクラミジア(咽頭クラミジア)と同様に、オーラルセックスでのどに感染して、のど淋病(咽頭淋病)になってしまう可能性もあります。そのため、パートナーが淋病の場合は、のど淋病(咽頭淋病)の検査も忘れずに受けましょう。

のど淋病(咽頭淋病)は男女共に症状が少なく、検査して初めてのど淋病(咽頭淋病)だと判明することが多いようです。

淋病やのど淋病(咽頭淋病)と診断されたら、完全に菌を死滅させてしまうまで治療を続けるようにしましょう。治療を途中でやめてしまうと、淋病が薬剤に対して耐性を獲得し、治療が長引いたり治療困難になることもあるからです。

クラミジアとの同時感染も多いと言われる淋病やのど淋病(咽頭淋病)。最近はのどに感染したのど淋病やのどクラミジアで感染が広がるケースも多いようなので、症状がなくても性感染の心配や不安がある場合は検査を受けることをお勧めします

病院での検査に抵抗があるなら、自宅で簡単にできる検査キットでのど淋病(咽頭淋病)や咽頭クラミジアなど性感染症の検査をすることもできます。

のどの性病|検査キット

のどの性病の検査方法

最近は、女性ののどから性感染症が検出されることも多くなったと言われています。のどに感染する性感染症の種類はクラミジアと淋病で、これらはのどクラミジア(咽頭クラミジア)、のど淋病(咽頭淋病)と呼ばれています。

のどに感染した場合はほとんど自覚症状もなく、感染していても自分ではあまり気づくことができないそうです。しかし、他の病気と同じく、性感染症も早期発見、早期治療が完治への近道であり、感染を広げないためにも早めに検査しておくことが大切です。

咽頭クラミジアや咽頭淋病は、自宅でもできる検査キットを使えば、誰にも知られずに簡単に検査できます。咽頭クラミジアや咽頭淋病の検査ができる検査キットは、のどの奥をこすった綿棒を試験管に入れ、問診票と一緒に郵送するという簡単なもの。郵送後は、綿棒から咽頭細胞が取り出され、顕微鏡等を使った検査法で性感染症であるかどうかが判断されます。検査の結果、もし性感染症が見つかった場合は、報告書と一緒にクラミジアなどの写真も添えられて返信されるようです。

のどの性病|検査キット